白旗製作所

Windows10のUbuntuでpython環境構築

これまで使用していたノートPC(マウスコンピューターLuvBook S)の基板が逝ってしまい、
起動しなくなってしまったので、新たに中古でThinkPad X230を購入してセットアップをしています。

LuvBookは基板以外は生きていたので、メモリ4GB×2をX230に移動しています。
それから、SSD 128GBからデータを救出した後、フォーマットし学生版のWindows 10 Educationをインストールしました。
また、せっかくWin10にしたので、python開発環境をWindows Subsystem for Linux(WSL)を用いUbuntuで構築することにしました。
以下に構築の手順を記載します。

1. [コントロールパネル] – [Windowsのプログラムと機能] – [Windowsの機能の有効化または無効化] で
「Windows Subsystem for Linux」へチェックを入れ、再起動する

2. Microsoft StoreからUbuntuを検索してインストール

3. Ubuntuを初回起動すると、ユーザー名・パスワードを聞かれ、インストール作業が行われる。

4. 環境の準備
 $ sudo apt install -y build-essential
 $ sudo apt install -y libsm6
 $ sudo apt install -y libxrender1

5. pyenvのインストール
 $ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
 $ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
 $ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
 $ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
 $ source ~/.bashrc

6. anacondaのインストール
 $ pyenv install -l | grep anaconda
 でバージョン確認。私はpython 3系しか使うつもりがなかったので、そっちだけインストールしました。
 $ pyenv install anaconda3-5.0.1
 $ pyenv rehash
 $ pyenv global anaconda3-5.0.1
 $ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/versions/anaconda3-5.0.1/bin/:$PATH"' >> ~/.bashrc
 $ source ~/.bashrc

7. 各ライブラリのインストール
今回はseaborn、xgboost、plotly、pydotplus, graphvizをインストールします。
 $ pip install seaborn
 $ git clone --recursive https://github.com/dmlc/xgboost
 $ cd xgboost
 $ make -j4
 $ cd python-package
 $ python setup.py install
 $ pip install pydotplus
 $ sudo apt install graphviz

8. jupyter notebookの設定
 $ python
 > from IPython.lib import passwd
 > passwd()
でパスワードのハッシュ値をコピーしておく。
 $ cd
 $ jupyter notebook --generate-config
 $ sudo nano /.jupyter/jupyter_notebook_config.py
でコンフィグファイルを生成し、末尾に以下を追記
 c.IPKernelApp.pylab = 'inline'
 c.NotebookApp.ip = '*'
 c.NotebookApp.open_browser = False
 c.NotebookApp.port = 12345
 c.NotebookApp.password = u'ハッシュ値'
jupyter notebookを再起動
 $ jupyter notebook &
Windows10のウェブブラウザからhttp://localhost:12345にアクセスして見れるかチェック。

9. SSHサーバの立ち上げ
 Windows10のSSHサービス停止
 「サービス」からSSH Server Broker, SSH Server Proxyを停止(無効)
 Windowsファイアウォールの受信の規則のSSH Server Proxy Serviceを無効にし、
 新しい規則でTCP port22を有効にする。

ここからUbuntuの設定
 $ cd /etc/ssh
 $ sudo ssh-keygen -t rsa -N '' -f ssh_host_rsa_key
 $ sudo nano /etc/ssh/sshd_config
を開いて、
 Hostkey /etc/ssh/ssh_host_dsa/key
 Hostkey /etc/ssh/ssh_host_ecdsa/key
 Hostkey /etc/ssh/ssh_host_ed25519/key
をコメントアウト、
 UsePrivilegeSeparation を no
 PasswordAuthentication を yes
に修正して保存。
 $ sudo /etc/init.d/ssh restart
で再起動すればOK
Windows10からWinSCPやteraterm等でlocalhost:22にアクセスできるか確認。

参考:
UbuntuをWindows 10(Fall Creators Update)にインストールしてみた
UbuntuServer 16.04 LTSでJupyter Notebookを使った機械学習環境を手っ取り早く作る手順 with anaconda
Windows10 BashへのSSH接続メモ
スポンサーサイト
  1. 2017/11/18(土) 16:27:59|
  2. Python
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wake on LANによるPC起動設定

普段PCはTVRockで録画中以外スリープさせているのですが,
外からPC内のファイルを見たいとかいうことが最近増えてきました.
PCさえ立ち上がっていればSFTPサーバも立ち上げてあるし
TeamViewerで操作もできますが,スリープ中ではどうにもなりません.
そこで,外出先からWoLでPCを起動する設定をします.

必要なものとうちの環境は以下のとおりです.
WoL対応マザボ:ASUS P8Z77-V PRO
WoL対応BIOS:ASUS UEFI BIOS
WoL対応ルータ:NEC Aterm WR8370N Aterm-A28720
固定IP:mydnsによるDDNS
OS:Windows 7 Ultimate

①Windowsの設定
コントロールパネル→デバイスマネージャー→ネットワークアダプター
→Intel(R) 82579V Gigabit Network Connectionを右クリック→プロパティを開く
電力管理タブのWake on LAN(W): Wake On Magic Packet
と電源オフ状態からのWake on Magic Packetにチェックを入れる

②BIOS設定
PCを再起動しDeleteキーを押し続けBIOS画面に入る
Advanceモードに切り替え
「詳細(Advanced)」→「APM」で「PCIによる電源ON」,「PCIEによる電源ON」を有効(enable)にする
Escで戻り,「詳細(Advanced)」→「CPUの設定」→「CPUの電源管理」で
「C1Eサポート」と「CPU C3レポート」を有効(enable)にする.

③ルーターの設定
ルーターの管理画面に入る
詳細設定→端末名設定で起動したいPCのMACアドレスとPC名を追加する.
詳細設定→PCリモート起動設定で「使用する」にチェックし,アカウントとアクセスポート番号を入力する.
詳細設定→ポートマッピング設定で,上記で入力したポート番号を,起動したいPCのIPアドレスに割り当てる

以上で設定は終了です.
DDNSで設定したアドレス:ポート番号に外からアクセスし
アカウント認証後に端末を選んで起動ボタンを押すと,WoLパケットが送出されPCが起動します.


参考:
Wake On LANでコンピュータを起動する - @IT Tech TIPS
マザーボードASUS P9X79でWake On LANを可能にする - ninnin.in -ニンニンイン-
WoL(Wake on LAN)機能でリモート起動する - Aterm WF1200HPユーザーズマニュアル
  1. 2017/11/12(日) 15:12:21|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

anacondaのパッケージ検索

Anacondaでpythonパッケージをインストールしようとした時,
$ conda install package_name
PackageNotFoundError: Packages missing in current channels:

となりパッケージが見つからないと言われる.

こういった場合,
$ anaconda search -t conda package_name
とすると
Using Anaconda API: https://api.anaconda.org
Packages:
Name | Version | Package Types | Platforms |Builds
------------------------- | ------ | --------------- | --------------- |----------
  hoge/package_name | 0.6 | conda | linux-64 |py27_0
とパッケージ名を検索してくれるので,

$ conda install -c hoge package_name
とインストールしてやれば良い.
  1. 2017/10/22(日) 18:19:27|
  2. Python
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

jupyter notebookことはじめ

  1. 2017/10/22(日) 16:52:44|
  2. Python
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

vivaldiのマウスジェスチャ設定(2017/10/04版)

Vivaldiは同期機能が無く、タブやブクマ、スピードダイヤル、
マウスジェスチャ設定等の複数PC間の同期ができません。

一応設定をそのまま他PCに移行する方法があるのですが、
フォルダの丸ごとコピーとなり、容量もかなり大きくなってしまいます。

今回は手動で最低限移行できるよう、マウスジェスチャーの設定を
メモしておきます。

ウインドウを閉じる
↓→
新しいタブ

新しいバックグラウンドタブ
↑→
タブを複製
→↑
タブを閉じる

前のタブ(表示順)
←→
次のタブ(表示順)
→←
閉じたタブを開きなおす
↓↑
新しいタブでリンクを開く(リンク上)

バックグラウンドのタブでリンクを開く(リンク上)
↑→
ページを再読み込み
↑↓
ページ最上部へスクロール
↑←
ページ最下部にスクロール
↓←
履歴を戻る

履歴を進む







  1. 2017/10/04(水) 22:10:18|
  2. Vivaldi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ