白旗製作所

Vivaldiのマウスジェスチャーカスタマイズ

[2016/06/25追記]
本記事はVivaldi 1.1以前を対象とした、マウスジェスチャカスタマイズ方法に関する記事です。
6/2にリリースされたVivaldi 1.2以降は、UIからマウスジェスチャがカスタマイズ出来るようになりました。
以下の記事を参考にしてください。
ブラウザVivaldi、バージョンアップしてマウスジェスチャーも簡単登録(http://ascii.jp/elem/000/001/172/1172224/)


ウェブブラウザOperaの元CEOのJon Tetzchner氏が立ち上げた
新たなWebブラウザ「Vivaldi」のベータ版が公開されました。
http://www.vivaldi.com/
http://jp.techcrunch.com/2015/11/03/20151102vivaldi-in-beta/

以前プレビュー版を使ってみたのですが、まだ機能性が十分ではなく
継続利用はしていませんでした。特にマウスジェスチャがカスタマイズできず、
新OperaやChromeと同じデフォルトのジェスチャしか使用できませんでした。

ところが、ベータ版は少し面倒ですがカスタマイズが出来るとのことで、
トライしてみましたので、方法を記載しておきます。
正確な方法はVivaldi community のトピック
tutorial: how to customize your own mouse geastures?
に英語で記載があります。


編集対象はdefaultSettings-bundle.jsというファイルです。
Windowsであれば、以下のフォルダにあると思います。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Vivaldi\Application\1.0.303.52\resources\vivaldi
コピーするなどしてバックアップをとっておきます。

[2016/03/20追記]
Vivaldi (1.0.403.24 (Beta 3) )が公開されました。こちらでは、bundle.jsを編集する必要があります。
場所は、C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Vivaldi\Application\1.0.403.24\resources\vivaldiです。


ファイルをテキストエディタで開き、以下のキーワードを見つけます。

 COMMAND_CLOSE_TAB:(タブを閉じる)
 COMMAND_NEW_TAB:(新しいタブ)
 COMMAND_NEW_BACKGROUND_TAB:(新しいバックグラウンドのタブ)
 COMMAND_PAGE_BACK:(履歴を戻る)
 COMMAND_PAGE_FORWARD:(履歴を進む)
 COMMAND_PAGE_REFRESH:(ページの更新)
 COMMAND_TAB_REOPEN_RECENTLY_CLOSED:(閉じたタブを開きなおす)

これらキーワードのあとの{}の中にあるgestures:["6"]とかの数字を変更すると
ジェスチャがカスタマイズできます。

数字とジェスチャの対応は以下です。
 0:右
 2:下
 4:左
 6:上
右→上というジェスチャなら"06"と書けばOK。

編集してVivaldiを再起動すれば、ジェスチャが変更されています。
例として私の編集したジェスチャを以下に記載します。
[旧]
 COMMAND_NEW_TAB:{shortcut:["meta+t"],gestures:["2"],
 COMMAND_CLOSE_TAB:{shortcut:["meta+w"],gestures:["20"],
 COMMAND_NEW_BACKGROUND_TAB:{gestures:["26"],showInQC:!0}
 COMMAND_TAB_REOPEN_RECENTLY_CLOSED:{shortcut:["meta+z","shift+meta+t"],gestures:["60"],showInQC:!0},
[新]
 COMMAND_NEW_TAB:{shortcut:["meta+t"],gestures:["6"],
 COMMAND_CLOSE_TAB:{shortcut:["meta+w"],gestures:["2"],
 COMMAND_NEW_BACKGROUND_TAB:{gestures:["60"],showInQC:!0}
 COMMAND_TAB_REOPEN_RECENTLY_CLOSED:{shortcut:["meta+z","shift+meta+t"],gestures:["26"],showInQC:!0},


上に記載したキーワードはデフォルトのジェスチャですが、
他にもキーボードショートカットが割り当てられているものなら
ジェスチャを指定できます。

例えば、ブックマークバーを表示するショートカットはデフォルトで以下ですが、
COMMAND_SHOW_BOOKMARK_BAR:{shortcut:["ctrl+shift+b"],showInQC:!0}
下のように書くことで、「上左」の"64"をジェスチャに追加できます。
COMMAND_SHOW_BOOKMARK_BAR:{shortcut:["ctrl+shift+b"],gestures:["64"],showInQC:!0}

少しわかりづらいですが、この方法でかなり自由度高く
マウスジェスチャーをカスタマイズできます。

個人的には、正直この点だけでVivaldiを使う理由になるので、
もう少しわかりやすいインターフェースを用意しておいて欲しいところです。



スポンサーサイト
  1. 2015/11/03(火) 23:40:00|
  2. Vivaldi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

twitter

プロフィール

dededemio

Author:dededemio
某電機メーカーエンジニア。
真空管からプログラミングまでゆるゆると。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Java (8)
未分類 (1)
真空管 (2)
キー配列 (2)
電子回路 (1)
マイコン (1)
PC部品 (2)
VPN (1)
Android (2)
opera (3)
C# (0)
プログラミング (1)
FTP (1)
メール (1)
tex (1)
音源 (2)
Ubuntu (1)
Python (5)
ブログパーツ (1)
GitHub (0)
Gist (1)
Vivaldi (1)
WICED Sense (2)
害虫駆除 (1)
自炊 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR