白旗製作所

WICED SenseのUSB電源での動作

Wiced Senseは、ボタン電池動作しますが、
待機中はLEDの、Bluetooth接続中はセンサの消費電力が大きく、
電池があまり持ちません。

デバッグ中はなるべく電池よりもUSBから電源をとって動作させましょう。
以下の方法で、USB電源動作することができます。

①WICED Senseのボタン電池のフタを外しておき、
 ボタン電池を指で挿入して押さえます。

②赤LEDが光り始め動作を開始したら、
 USBケーブルを接続します。

③ボタン電池を離しても動作し続けます。

注意:
 USB電源で動作させると、Bluetooth接続に失敗しやすかったり、
 動作が不安定になる場合があります。

参考:
WICED SENSE Kit BLOG

スポンサーサイト
  1. 2015/11/14(土) 22:03:29|
  2. WICED Sense
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WICED Senseのファーム開発環境構築と書き込み

Broadcomが、WICED Senseという無線センサ開発キットを出しています。
https://www.switch-science.com/catalog/1925
https://store.macnica.co.jp/products/broadcom_bcm9wiced_sense

Broadcom自体は無線チップメーカで、チップを使った開発キットの位置づけです。
ただ、これ単体でもいろいろ遊べそうなので、購入してみました。

WICED Sense自体のファームウエアの開発と、
WICED Senseのデータを受信して利用するアプリの開発をする必要がありますが、
今回はファームの開発環境構築です。

参考:WICED Senseのファームウェアを変更してみる

①IDEとSDKのダウンロード・インストール
まずBroadcom communityに登録します。
Broadcom community
ここからSDKやリファレンスガイドなどをダウンロードすることができます。

次にSDKをダウンロードします。
WICED Bluetooth→Download SDKで
WICED-Smart-SDK-2.2.1-IDE-Installer
と書かれたリンクからインストーラをダウンロードします。
WICED Sense IDE Download2

ダウンロードしたらインストールに移りますが、
このIDEのインストーラが少し曲者で、JREがJava7でないと動作しないようです。
Java8にアップデートしてしまい、Java7がない場合、
Oracleのアーカイブからダウンロードしてインストールすることになります。
Javaアーカイブ
これでインストールできるようになります。

②プロジェクトの準備
開発の手順は、Broadcom communityの以下の記事が詳しいです。
WICED SENSE Kit BLOG
ちなみにこれ以外にも以下のコンテンツがあります。
WICED Sense Table of Contents

WICED Senseの電池を抜いて、USBケーブルでPCに接続します。
IDEのインストール時に、Silicon LabのUSB-UARTドライバもインストールされたはずですので、
自動的にドライバがインストールされて使用できるようになります。
念のため、デバイスマネージャーで確認しておきます。

次に、IDEを起動します。画面はほぼeclipseです。
左側のProject Explorerの中の、
WICED-Smart-SDK→Apps→wiced_sense
が、販売されているWICED Senseのデフォルトのファームウエアです。
これを修正して使います。

wiced_senseのフォルダをコピー・貼り付けして名前を変更します。
今回は「wiced_sense_changed」とします。
フォルダ内のwiced_sense.cがメインのファイルなので、
この辺りを見て適宜修正します。

③書き込みと動作確認
IDE右側にMake Targetの中にSDKの他のプロジェクトのBuild→書き込みのターゲットが用意されています。
以下のフォーマットで名前を作ってターゲットを用意すると、Buildと書き込みができます。
 プロジェクト名-チップ名 コマンド名
例:wiced_sense_changed-BCM920737TAG_Q32 download

他のターゲットをコピー・貼り付けしてEdit→Target nameを例の様に記載して、
Targetをダブルクリックすると、ConsoleにBuild結果と書き込み結果が表示されます。

USBケーブルを接続した直後であれば、以下の様なメッセージがでて書き込み成功し、
プログラムが走り出します。
 Detecting device...
 Device found
 
 Downloading application...
 Download complete

 Application running

デバイスが接続されていなかったり、アプリケーションがすでに走っていたりすると、
 Detecting device...
 No BCM20737 detected
というメッセージが出て、書き込みが失敗します。
この場合は、デバイスを接続しなおしたり、リセットしたりを試す必要があります。

④Appendix リカバリの方法
WICED Senseリカバリの方法を書きます。
まず、カバーを外して基板を出します。
以下の矢印の箇所にドライバーを突っ込んで、赤いカバーを外します。
DSC_3860_2.png

表に見えた基板の赤四角部分がブートボタンです。
DSC_3858_2.png
ココでプラスネジが2つあるのでそれも外します。

DSC_3857_2.png
赤四角の部分がリセットボタンです。

USBケーブルに接続し、
(a)リセットボタンを押しながらブートボタンを押す
(b)リセットボタン→ブートボタンの順に離す
とこれでリカバリの準備ができます。

SDKのMake Targetに「WICED_SENSE-BCM920737TAG_Q32 recover UART=COMXX」
という名前のTargetを作り、実行すると、EEPROMに初期のプログラムが書き込まれ、リカバリできます。
(COM番号はデバイスマネージャーのポートにあるUSB to UART BridgeのEnhanced COM Portの番号です。)

  1. 2015/11/14(土) 17:43:38|
  2. WICED Sense
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0