白旗製作所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グレイコードDAC

先日グレイコードについて調べてました。

グレイコードっていうのは、隣の値とのハミング距離が1になる2進数
(隣の値はどこかのbitが1つ反転するだけ)で、
ロータリーエンコーダみたいな、センサの出力の値が変わるときに、
間違った値が一瞬でも出るのを防ぐ等の用途で使われるもの。

このグレイコード、日本語のwikipediaには載ってないんだけど、
よく用いるのは反射グレイコードというもので、
他にも単調グレイコードとか種類がいろいろあるらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Gray_code
まあ隣の値とハミング距離1にするだけならいろいろできそうだよね。

ところで、これA-Dに使われるなら、D-Aもできそうじゃん?
うまくやればR-2RラダーDACみたいな形でDACにできそう!
とか思って調べたら、やってる人いました。

アメリカの特許。だいぶ古い。
http://www.google.com/patents/US4591826

痛い点は、普通の2進数と違って、
ビットごとに値があるとかじゃないので、
アナログのSPDTスイッチがチャンネル数×2か、
アナログバッファが必要になるってとこ。

まあ今となってはこんなの使うなら
おとなしく普通のDAC IC使ったほうが良いんだけど、
こうやって昔の回路眺めるのも面白いねって話でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 17:17:46|
  2. 電子回路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

twitter

プロフィール

dededemio

Author:dededemio
某電機メーカーエンジニア。
真空管からプログラミングまでゆるゆると。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Java (8)
未分類 (0)
真空管 (2)
キー配列 (2)
電子回路 (1)
マイコン (1)
PC部品 (2)
VPN (1)
Android (2)
opera (3)
C# (0)
プログラミング (1)
FTP (1)
メール (1)
tex (1)
音源 (2)
Ubuntu (1)
Python (4)
ブログパーツ (1)
GitHub (0)
Gist (1)
Vivaldi (1)
WICED Sense (2)
害虫駆除 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。