白旗製作所

CubeSuite+とE1エミュレータでRaXinoのLチカ

先日、RaXinoを購入しました。

ルネのマイコンは、大学時代に、
R8C2A、SH7144、SH7216、RX62T、と
結構使ったことがあって、
自宅で触るのに、最近出てきたRaXinoかGR-SAKURAが
欲しいなーなんて思っていました。

ちょうど年末RaXino販売終了のお知らせを見て、
せっかくなのでかじってみようかと、
E1と一緒に購入し、先週届きました。


さて、今まではHEW一本でしたが、
ルネが統合開発環境をCubeSuite+に統一するとのことなので、
CubeSuite+に挑戦して見ることにします。

今回は特電HAL目当てでRaXinoを購入しましたが、
最初からそれ使うのもと思い、
まずはフツーにLチカします。


まずルネ公式よりCubeSuite+をダウンロードして、インストール。
RaXinoSample (0)

起動すると、ややオサレな感じの画面が出てくるので、
早速新規プロジェクト作成。
RaXinoSample (2)

RaXinoに乗ってるRX62Nを選んで作成。
RaXinoSample (3)

サンプルコードが自動で生成されるので、
プロジェクト名.cをちょちょいと書き換えて、
デバッグの設定。
RaXinoSample (6)

メインクロック
エミュレータ
電源供給
だけ設定すればとりあえずおk。
この時点でE1をUSBで接続しないとシリアルナンバーがでません。
RaXinoSample (7)

F6でビルド&デバッグツールへの接続&ダウンロードしてくれます。
正常にダウンロードが終わったら、F5を押すと、、、
DSC_0083.jpg


光ったー!
というわけで、サクッとLチカできました。

いやー楽になりましたね。
CubeSuite+も案外使いやすくて良かった。
なんか画面はeclipseっぽい印象だけど、
これがもうスタンダードになってる気がする。

まあ楽しく開発できそうで良かったです。
では特電HALのライブラリ突っ込みますか。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 20:24:03|
  2. マイコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

twitter

プロフィール

dededemio

Author:dededemio
某電機メーカーエンジニア。
真空管からプログラミングまでゆるゆると。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Java (8)
未分類 (0)
真空管 (2)
キー配列 (2)
電子回路 (1)
マイコン (1)
PC部品 (2)
VPN (1)
Android (2)
opera (3)
C# (0)
プログラミング (1)
FTP (1)
メール (1)
tex (1)
音源 (2)
Ubuntu (1)
Python (5)
ブログパーツ (1)
GitHub (0)
Gist (1)
Vivaldi (1)
WICED Sense (2)
害虫駆除 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR