白旗製作所

CubeSuite+とE1エミュレータでRaXinoのLチカ

先日、RaXinoを購入しました。

ルネのマイコンは、大学時代に、
R8C2A、SH7144、SH7216、RX62T、と
結構使ったことがあって、
自宅で触るのに、最近出てきたRaXinoかGR-SAKURAが
欲しいなーなんて思っていました。

ちょうど年末RaXino販売終了のお知らせを見て、
せっかくなのでかじってみようかと、
E1と一緒に購入し、先週届きました。


さて、今まではHEW一本でしたが、
ルネが統合開発環境をCubeSuite+に統一するとのことなので、
CubeSuite+に挑戦して見ることにします。

今回は特電HAL目当てでRaXinoを購入しましたが、
最初からそれ使うのもと思い、
まずはフツーにLチカします。


まずルネ公式よりCubeSuite+をダウンロードして、インストール。
RaXinoSample (0)

起動すると、ややオサレな感じの画面が出てくるので、
早速新規プロジェクト作成。
RaXinoSample (2)

RaXinoに乗ってるRX62Nを選んで作成。
RaXinoSample (3)

サンプルコードが自動で生成されるので、
プロジェクト名.cをちょちょいと書き換えて、
デバッグの設定。
RaXinoSample (6)

メインクロック
エミュレータ
電源供給
だけ設定すればとりあえずおk。
この時点でE1をUSBで接続しないとシリアルナンバーがでません。
RaXinoSample (7)

F6でビルド&デバッグツールへの接続&ダウンロードしてくれます。
正常にダウンロードが終わったら、F5を押すと、、、
DSC_0083.jpg


光ったー!
というわけで、サクッとLチカできました。

いやー楽になりましたね。
CubeSuite+も案外使いやすくて良かった。
なんか画面はeclipseっぽい印象だけど、
これがもうスタンダードになってる気がする。

まあ楽しく開発できそうで良かったです。
では特電HALのライブラリ突っ込みますか。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 20:24:03|
  2. マイコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グレイコードDAC

先日グレイコードについて調べてました。

グレイコードっていうのは、隣の値とのハミング距離が1になる2進数
(隣の値はどこかのbitが1つ反転するだけ)で、
ロータリーエンコーダみたいな、センサの出力の値が変わるときに、
間違った値が一瞬でも出るのを防ぐ等の用途で使われるもの。

このグレイコード、日本語のwikipediaには載ってないんだけど、
よく用いるのは反射グレイコードというもので、
他にも単調グレイコードとか種類がいろいろあるらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Gray_code
まあ隣の値とハミング距離1にするだけならいろいろできそうだよね。

ところで、これA-Dに使われるなら、D-Aもできそうじゃん?
うまくやればR-2RラダーDACみたいな形でDACにできそう!
とか思って調べたら、やってる人いました。

アメリカの特許。だいぶ古い。
http://www.google.com/patents/US4591826

痛い点は、普通の2進数と違って、
ビットごとに値があるとかじゃないので、
アナログのSPDTスイッチがチャンネル数×2か、
アナログバッファが必要になるってとこ。

まあ今となってはこんなの使うなら
おとなしく普通のDAC IC使ったほうが良いんだけど、
こうやって昔の回路眺めるのも面白いねって話でした。
  1. 2013/01/19(土) 17:17:46|
  2. その他電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dvorak配列

最近、ここ一ヶ月ほど、ちょっと興味を持って、
Dvorak配列を練習しております。

Dvorak配列は
・打鍵時の指の移動距離が短くなる
・(英語で)左右交互打鍵になる
よう配慮された、以下のキー配列です。

dvorak.png

ハードのDvorakキーボードはちょっと高いので、
dvorakkrというソフトにお世話になってます。
#こんなのもいいかなと思ったり
#Dvorak配列の左右入れ替えたら日本語入力しやすくなった

DvorakJでも良かったんですが、
機能が多いのでまだいいかなと。

英文はだいぶ打ちやすいのを実感できます。
日本語はまだ慣れが必要ですね

はやくqwertyと同じ速度で文字入力できるぐらいまで
持って行きたいです。

  1. 2013/01/02(水) 19:36:44|
  2. キー配列
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0