白旗製作所

CubeSuite+とE1エミュレータでRaXinoのLチカ

先日、RaXinoを購入しました。

ルネのマイコンは、大学時代に、
R8C2A、SH7144、SH7216、RX62T、と
結構使ったことがあって、
自宅で触るのに、最近出てきたRaXinoかGR-SAKURAが
欲しいなーなんて思っていました。

ちょうど年末RaXino販売終了のお知らせを見て、
せっかくなのでかじってみようかと、
E1と一緒に購入し、先週届きました。


さて、今まではHEW一本でしたが、
ルネが統合開発環境をCubeSuite+に統一するとのことなので、
CubeSuite+に挑戦して見ることにします。

今回は特電HAL目当てでRaXinoを購入しましたが、
最初からそれ使うのもと思い、
まずはフツーにLチカします。


まずルネ公式よりCubeSuite+をダウンロードして、インストール。
RaXinoSample (0)

起動すると、ややオサレな感じの画面が出てくるので、
早速新規プロジェクト作成。
RaXinoSample (2)

RaXinoに乗ってるRX62Nを選んで作成。
RaXinoSample (3)

サンプルコードが自動で生成されるので、
プロジェクト名.cをちょちょいと書き換えて、
デバッグの設定。
RaXinoSample (6)

メインクロック
エミュレータ
電源供給
だけ設定すればとりあえずおk。
この時点でE1をUSBで接続しないとシリアルナンバーがでません。
RaXinoSample (7)

F6でビルド&デバッグツールへの接続&ダウンロードしてくれます。
正常にダウンロードが終わったら、F5を押すと、、、
DSC_0083.jpg


光ったー!
というわけで、サクッとLチカできました。

いやー楽になりましたね。
CubeSuite+も案外使いやすくて良かった。
なんか画面はeclipseっぽい印象だけど、
これがもうスタンダードになってる気がする。

まあ楽しく開発できそうで良かったです。
では特電HALのライブラリ突っ込みますか。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 20:24:03|
  2. マイコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グレイコードDAC

先日グレイコードについて調べてました。

グレイコードっていうのは、隣の値とのハミング距離が1になる2進数
(隣の値はどこかのbitが1つ反転するだけ)で、
ロータリーエンコーダみたいな、センサの出力の値が変わるときに、
間違った値が一瞬でも出るのを防ぐ等の用途で使われるもの。

このグレイコード、日本語のwikipediaには載ってないんだけど、
よく用いるのは反射グレイコードというもので、
他にも単調グレイコードとか種類がいろいろあるらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Gray_code
まあ隣の値とハミング距離1にするだけならいろいろできそうだよね。

ところで、これA-Dに使われるなら、D-Aもできそうじゃん?
うまくやればR-2RラダーDACみたいな形でDACにできそう!
とか思って調べたら、やってる人いました。

アメリカの特許。だいぶ古い。
http://www.google.com/patents/US4591826

痛い点は、普通の2進数と違って、
ビットごとに値があるとかじゃないので、
アナログのSPDTスイッチがチャンネル数×2か、
アナログバッファが必要になるってとこ。

まあ今となってはこんなの使うなら
おとなしく普通のDAC IC使ったほうが良いんだけど、
こうやって昔の回路眺めるのも面白いねって話でした。
  1. 2013/01/19(土) 17:17:46|
  2. 電子回路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dvorak配列

最近、ここ一ヶ月ほど、ちょっと興味を持って、
Dvorak配列を練習しております。

Dvorak配列は
・打鍵時の指の移動距離が短くなる
・(英語で)左右交互打鍵になる
よう配慮された、以下のキー配列です。

dvorak.png

ハードのDvorakキーボードはちょっと高いので、
dvorakkrというソフトにお世話になってます。
#こんなのもいいかなと思ったり
#Dvorak配列の左右入れ替えたら日本語入力しやすくなった

DvorakJでも良かったんですが、
機能が多いのでまだいいかなと。

英文はだいぶ打ちやすいのを実感できます。
日本語はまだ慣れが必要ですね

はやくqwertyと同じ速度で文字入力できるぐらいまで
持って行きたいです。

  1. 2013/01/02(水) 19:36:44|
  2. キー配列
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

twitter

プロフィール

dededemio

Author:dededemio
某電機メーカーエンジニア。
真空管からプログラミングまでゆるゆると。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Java (8)
未分類 (0)
真空管 (2)
キー配列 (2)
電子回路 (1)
マイコン (1)
PC部品 (2)
VPN (1)
Android (2)
opera (3)
C# (0)
プログラミング (1)
FTP (1)
メール (1)
tex (1)
音源 (2)
Ubuntu (1)
Python (5)
ブログパーツ (1)
GitHub (0)
Gist (1)
Vivaldi (1)
WICED Sense (2)
害虫駆除 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR