白旗製作所

SC-8850のデジタル出力改造(波形編)

前回の記事の続きです。

SC-8850内部のシリアルオーディオ信号と、変換後のS/PDIF信号の波形を
オシロで見てみたので載せておきます。

まずはシリアルオーディオ信号です。

sck_changed.png
SCLKの波形です。
256fsなので、32kHz×256≒8.13MHzになっています。

bck_changed.png
BCKの波形です。
ビット単位の波形なので、32kHz×32bit×2ch≒2.048MHzになっています。
(SC-8850は24bitなのですが、フォーマットとしては32bitのうち24bitを右づめで入れているので、
ここは32bitのクロックになります。)

data_changed.png
LRCK(赤)とDATA(黄)の波形です。
LRCKはサンプリング周波数である32kHzで振れています。
DATAは右詰めのため、左側はH固定で右側のほうが振れているのがわかります。


次にS/PDIF信号です。S/PDIFはフォーマットが少し複雑なので、
うちのオシロではどこからどこまでが1フレームかはわかりませんw

spdif1_changed.png
一応波形を見てみます。S/PDIFは"HL"で"H"、"LH"で"L"というように
2bitで1bitを表しますので、波形としては周期が短いところと長いところが現れます。

spdif2_changed.png
短い周期の箇所を拡大すると、488nsになりました。

図4
DIT4192のデータシートを見ると、
24bitS/PDIF信号は1つのサブフレーム(チャンネル)が32bitで構成されると書いてあります
32kHzの場合1bitの長さは1/32kHz/2ch/32bit=488nsですので
とりあえずサンプリング周波数32kHzで2ch24bitの信号が出ていそうだということがわかります。


...
前の記事のように、別の方の作例に対してICなどを変更する場合、
このようにオシロスコープで波形確認を行えるとかなりデバッグしやすいです。
安物でも良いので1台あると便利ですね。


------------------------------------------------------------
おまけ。
SC-8850の別の写真です。
DSC02097.jpg
正面。SC-88Proとはかなり違う外観だそうです。

DSC02098.jpg
後ろ側

DSC02108.jpg
メイン基板の裏側。もう少し探せば裏から楽に線が引っ張れたかもしれませんね。

DSC02109.jpg
電源とアナログフィルタ基板。
こっちはメイン基板と違ってかなりスペースに余裕があります。

DSC02110_.jpg
DAC(AK4324)の拡大。
AKMは旭化成だそうです。
旭化成が半導体作ってるの初めて知りました。

DSC02123.jpg
メイン基板のLSI周辺部です。
こう見るとRolandの文字の入ったICがかなり多いのがわかります。
右の小さいのはROMでしょうか。コネクタを付けられる様になっているので、
ROMの吸い出しや書き込みができそうです。





スポンサーサイト
  1. 2015/04/08(水) 00:00:00|
  2. その他電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<UbuntuへのJavaとFlashPlayerのインストール | ホーム | SC-8850のデジタル出力改造(実装編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dededemio.blog.fc2.com/tb.php/24-3f729f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)