白旗製作所

UbuntuへのJavaとFlashPlayerのインストール

VMwareを使ってUbuntuをWindows 7上で動作させているのですが、
ブラウザ上で使用するためのJavaとFlashPlayerでちょっと引っかかったのでメモしておきます。
また、おまけで高速化処理をしています。

ホストOS:Windows 7 Ultimate SP1
ゲストOS:Ubunts14.04LTS
ゲストOSのブラウザ:Firefox 28.0
Javaのバージョン:Oracle java 8

①Javaのインストール
ターミナルを起動し、sudo -sでrootになる。
→以下のコマンドを入力する。
$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java8-installer
$ sudo apt-get install oracle-java8-set-default

参考:UbuntuにJava8環境構築

※JavaはUbuntu Software CenterだとOpenJDKしかありませんでした。

②FlashPlayerのインストール
Ubuntu Software Centerを起動(dockのAのマークの上にプログレスバーのアイコン)
→FlashPlayerを検索してインストール

③仮想マシンのメモリに実メモリを利用
*.vmxファイルの最後に以下を追加。
MemTrimRate = "0"
mainMem.useNamedFile= "FALSE"
sched.mem.pshare.enable = "FALSE"
prefvmx.useRecommendedLockedMemSize = "TRUE"
MemAllowAutoScaleDown = "FALSE"

参考:VMware Player 上の仮想OSを高速化させ軽快に作動させるチューニング



スポンサーサイト
  1. 2015/04/16(木) 00:19:29|
  2. Ubuntu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファンレスTV録画+ゲーミングPC | ホーム | SC-8850のデジタル出力改造(波形編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dededemio.blog.fc2.com/tb.php/25-4e0cabb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)