白旗製作所

ソースコードをブログに埋め込む

今まで、ブログにソースを書くときは、
体裁だけ整えてそのまま貼っていたのですが、
GitHubのGistというサービスを使うと、
ブログパーツとして埋め込めるそうです。

真ん中の大きいウインドウにソースを貼って、
その上にソースのファイル名を書きます。
右上でインデント種類を選んで「Create public gist」を選択すると、
コードが保存されます。

その後、右側のEmbed URLをコピーしてブログのhtmlに貼り付けると

こんな感じでコードが埋め込まれます。便利。

でもこれいつまで保存してくれてるんだろうってふと思ってしまいました。
サービス終了した瞬間に見れなくなりますよね。
でもよく考えればFC2ブログがサービス終了しても一緒かw
まあ潰れることが無い様祈りましょう。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/02(月) 22:51:00|
  2. ブログパーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Python開発環境(Anaconda3+spyder)の操作の小技 | ホーム | Python3.4+pandas+pylabによる重回帰分析と結果の描画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dededemio.blog.fc2.com/tb.php/30-6d15d25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)