白旗製作所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WICED SenseのUSB電源での動作

Wiced Senseは、ボタン電池動作しますが、
待機中はLEDの、Bluetooth接続中はセンサの消費電力が大きく、
電池があまり持ちません。

デバッグ中はなるべく電池よりもUSBから電源をとって動作させましょう。
以下の方法で、USB電源動作することができます。

①WICED Senseのボタン電池のフタを外しておき、
 ボタン電池を指で挿入して押さえます。

②赤LEDが光り始め動作を開始したら、
 USBケーブルを接続します。

③ボタン電池を離しても動作し続けます。

注意:
 USB電源で動作させると、Bluetooth接続に失敗しやすかったり、
 動作が不安定になる場合があります。

参考:
WICED SENSE Kit BLOG

スポンサーサイト
  1. 2015/11/14(土) 22:03:29|
  2. WICED Sense
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログデータのバックアップ | ホーム | WICED Senseのファーム開発環境構築と書き込み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dededemio.blog.fc2.com/tb.php/36-068fefae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

twitter

プロフィール

dededemio

Author:dededemio
某電機メーカーエンジニア。
真空管からプログラミングまでゆるゆると。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Java (8)
未分類 (0)
真空管 (2)
キー配列 (2)
電子回路 (1)
マイコン (1)
PC部品 (2)
VPN (1)
Android (2)
opera (3)
C# (0)
プログラミング (1)
FTP (1)
メール (1)
tex (1)
音源 (2)
Ubuntu (1)
Python (4)
ブログパーツ (1)
GitHub (0)
Gist (1)
Vivaldi (1)
WICED Sense (2)
害虫駆除 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。