白旗製作所

グレイコードDAC

先日グレイコードについて調べてました。

グレイコードっていうのは、隣の値とのハミング距離が1になる2進数
(隣の値はどこかのbitが1つ反転するだけ)で、
ロータリーエンコーダみたいな、センサの出力の値が変わるときに、
間違った値が一瞬でも出るのを防ぐ等の用途で使われるもの。

このグレイコード、日本語のwikipediaには載ってないんだけど、
よく用いるのは反射グレイコードというもので、
他にも単調グレイコードとか種類がいろいろあるらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Gray_code
まあ隣の値とハミング距離1にするだけならいろいろできそうだよね。

ところで、これA-Dに使われるなら、D-Aもできそうじゃん?
うまくやればR-2RラダーDACみたいな形でDACにできそう!
とか思って調べたら、やってる人いました。

アメリカの特許。だいぶ古い。
http://www.google.com/patents/US4591826

痛い点は、普通の2進数と違って、
ビットごとに値があるとかじゃないので、
アナログのSPDTスイッチがチャンネル数×2か、
アナログバッファが必要になるってとこ。

まあ今となってはこんなの使うなら
おとなしく普通のDAC IC使ったほうが良いんだけど、
こうやって昔の回路眺めるのも面白いねって話でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 17:17:46|
  2. その他電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CubeSuite+とE1エミュレータでRaXinoのLチカ | ホーム | Dvorak配列>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dededemio.blog.fc2.com/tb.php/4-295271cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)