白旗製作所

CubeSuite+とE1エミュレータでRaXinoのLチカ

先日、RaXinoを購入しました。

ルネのマイコンは、大学時代に、
R8C2A、SH7144、SH7216、RX62T、と
結構使ったことがあって、
自宅で触るのに、最近出てきたRaXinoかGR-SAKURAが
欲しいなーなんて思っていました。

ちょうど年末RaXino販売終了のお知らせを見て、
せっかくなのでかじってみようかと、
E1と一緒に購入し、先週届きました。


さて、今まではHEW一本でしたが、
ルネが統合開発環境をCubeSuite+に統一するとのことなので、
CubeSuite+に挑戦して見ることにします。

今回は特電HAL目当てでRaXinoを購入しましたが、
最初からそれ使うのもと思い、
まずはフツーにLチカします。


まずルネ公式よりCubeSuite+をダウンロードして、インストール。
RaXinoSample (0)

起動すると、ややオサレな感じの画面が出てくるので、
早速新規プロジェクト作成。
RaXinoSample (2)

RaXinoに乗ってるRX62Nを選んで作成。
RaXinoSample (3)

サンプルコードが自動で生成されるので、
プロジェクト名.cをちょちょいと書き換えて、
デバッグの設定。
RaXinoSample (6)

メインクロック
エミュレータ
電源供給
だけ設定すればとりあえずおk。
この時点でE1をUSBで接続しないとシリアルナンバーがでません。
RaXinoSample (7)

F6でビルド&デバッグツールへの接続&ダウンロードしてくれます。
正常にダウンロードが終わったら、F5を押すと、、、
DSC_0083.jpg


光ったー!
というわけで、サクッとLチカできました。

いやー楽になりましたね。
CubeSuite+も案外使いやすくて良かった。
なんか画面はeclipseっぽい印象だけど、
これがもうスタンダードになってる気がする。

まあ楽しく開発できそうで良かったです。
では特電HALのライブラリ突っ込みますか。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 20:24:03|
  2. マイコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五極管を使った真空管アンプ | ホーム | グレイコードDAC>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dededemio.blog.fc2.com/tb.php/5-2528c2d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)