白旗製作所

java.nio.file.Filesを使ったフォルダコピー

これまでファイルコピーはjava.io.Fileを使っていたのですが,
どうやらファイル操作のライブラリは新しくなっていたらしく,色々楽そうなので使ってみることにしました.

ファイルコピーやフォルダの再帰探索は容易に行うメソッドが容易されているので,
これを使ってフォルダ内のサブフォルダを含めたコピーメソッドを作成してみました.

walkFileTreeをつかってフォルダの中身を辿り,
FileVisitorでフォルダを事前にコピー,その後ファイルをコピーします.
コピー先のファイル/フォルダパスは,FileVisitor内のパスには含まれないので,
コピー先のディレクトリ名を使って指定してやります.
そのためにrelativizeメソッドとresolveメソッドを用います.

参考:
これからの「Java I/O」の話をしようwww (1) : Path インターフェース, Paths クラス
Java SE 7のjava.nio.file.Filesがとても便利な件


スポンサーサイト
  1. 2018/01/02(火) 01:40:34|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Java Executor Frameworkでマルチスレッド | ホーム | WSL Ubuntu上のサーバをWindowsから立ち上げる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dededemio.blog.fc2.com/tb.php/58-dbf0627b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)