白旗製作所

五極管を使った真空管アンプ

DSC2_0022_2.png

一年ほど前、タイの友人からもらった真空管があったため、
昨年から真空管アンプを作っていまして、先月末やっと完成しました。

というわけで、設計から製作までの過程を書いていこうと思います。


もらった真空管は、
五極管のPL500(27GB5)×2
三極管の10DE7×2
でした。

5極管なんか見たこともなかったので、
まずはこういったHPでどういう使い方をするのか
調べたりしてました。
http://hayashimasaki.net/tubebook/

#PL500を調べるときにこんなのも見てました。
http://www.tubes.rs/Tubes/Amplifiers/Schematics/Bass_Amplifier_2xPL500_PL504.html
プッシュプルだと出力出るもんですねー

まず回路構成をどうするかですが、
PL500のほうが大きく、
データシートの数字でも出力用っぽかったので、
PL500のシングル出力としました。

10DE7は中に三極管が2回路入っているもので、
これをそのまま使っても良かったのですが、
どうやらSRPPという2回路使うものがあるらしく、
せっかくなのでSRPPを使ってみることにしました。

#SRPPは、一つの真空管をアクティブな抵抗のように使う回路で、
出力インピーダンスを下げる効果が期待できる

というわけでできた回路図がこちらです。
TubeAmp_v3_2.png

回路定数は最初テキトーに決めて、
あとで実機を動かしながら決定しました。

定数決定時に一番悩んだのは、
PL500の定数です。

どうやらPL500は、アノード電流が200mAとか、
真空管の中では低電圧大電流なものらしく、
そんな大電流で一次インピーダンスの低いトランスが
売っていません!

結局小さめのトランスいくつか買って、
実機で動かしながら、動くところを探しました。

回路定数を決定したら、部品買ってきて、
ケース加工とハンダ付けです。
このへんはトランジスタアンプとそう変わらないので、
手慣れたもんです。

ただ、以前までは大学の設備を使っていましたが、
就職してしまったため、設備を整えなければいけませんでした。
ボール盤やらが自由に使えていた頃が懐かしい。

そうしてできたのが、記事冒頭のアンプです。
ちなみに中身はこんなかんじです。
DSC_0075_2.png

実はトランスがケースからはみ出しているとか、
足がただのスペーサとか、
ハムノイズがやや聞こえるとか、
いろいろあるんですが、とりあえず使える物ができたので、
今普通に部屋で使っています。

まあ、初めて真空管アンプの設計して作れたので概ね満足です。
あとで友人に聞いたら、PL500はとてもお高い2A3の代替に使えるとのことなので、
また気が向いたら買って来て、今度は2A3のよくあるアンプと
似たような構成で作ってみようかと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/17(日) 04:33:10|
  2. 真空管
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キー配列を弄る | ホーム | CubeSuite+とE1エミュレータでRaXinoのLチカ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dededemio.blog.fc2.com/tb.php/6-ac8f26a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)